分福

Recruit

監督助手に応募してくださったみなさまへ。

年度も変わりまして、気持ちも新たに頑張っております。監督の是枝です。
さて、この度は140名を超える監督助手へのご応募ありがとうございました。
書類選考を経て先日21名の方々と面接を実施いたしました。21名それぞれに映像制作への意欲と可能性を感じ、楽しい時間を過ごすことが出来ました。

共に面接を担当した西川美和監督他5名のスタッフと話し合い、今回は監督助手としては2名、新たに分福に参加して頂くことに致しました。
ただ、その2人以外にも、立場としてはフリーではありますが、助監督として僕の次の作品に参加してもらうことにした方や、将来的には分福発で作品を発表してもらおうと思う若い作り手さんふたりとも、緩やかに連帯をしていこう、ということになりました。

そんなわけで、分福、正式に発足してから3年が経ち、少しづつメンバーは多様に輪を広げています。
今年は第1期の新人だった仲間が劇映画で監督デビューする予定です。

新しいメンバー含め、分福を今後ともよろしくお願いいたします。
今回は残念ながらご縁がなかったみなさまも、これに懲りずにまた次の機会に、アプローチしてください。
扉は開いています。

2017年4月1日
是枝裕和






2017『監督助手』募集のお知らせ

今後、分福が企画制作に携わる作品(映画及びテレビ番組、CM制作等)に参加する監督助手を募集します。
映画・テレビを問わず将来的には自ら企画を立案出来る監督を目指す人材を求めます。

監督助手として企画・脚本・撮影・編集のプロセスを経験できるチャンスです。
前々回2011年の監督助手募集の際、採用した2名はそれぞれ一本立ちし、1名が来年映画監督としてデビューする予定です。

以下の条件をよくお読みになった上で、奮ってご応募下さい。


応募条件
・自ら脚本を書き、映画監督になりたいという意欲のある方
・22歳から30歳までの方(来春卒業予定者を含む)。性別、経験は問いません。
・2017年4月ごろから働くことの出来る方(就業開始時期は応相談)

仕事内容
映画・テレビ・CMの企画・脚本作業から撮影・編集作業にいたる
制作業務のサポート。演出助手。

待遇・期間
委細面談の上で。
ただし、「正社員」の募集ではありません。
「フリースタッフ」としての採用となります。

採用人数
若干名

募集期間
2016年12月31日まで

審査方法
1次の書類審査と2次の面接で行います。

1次書類審査について
・履歴書(フォーマットは自由、PDFファイル)
・映像作品(あればでけっこうです。フォーマットは問いませんが、みられるかどうかを確認の上お送りください)
・「食べる」もしくは「眠る」をテーマにした作文(1600字~2000字厳守、PDFファイル)


応募される方は上記3点を添付の上、下記募集メールアドレスまでお送り下さい。
saiyo@bunbukubun.com 「2017監督助手募集」係まで

1次審査の結果は、2017年3月頃までに応募いただいた方それぞれにメールでお送りいたします。
2次審査につきましては、そのメールの中で詳細をお知らせいたします。


「恩師である村木良彦(故人)の言葉に『創造は組織する』という一節があります。組織があって創造が産まれるのではない。あくまで中心に創造という行為があって、人が集まるのだという彼の哲学を端的に示している示唆に富んだ言葉だと思います。分福はその精神を受け継ぎ、作品を中心に連帯した人が離合集散を繰り返す、そんな、組織以前のゆるやかな共同体を目指していきたいと考えています。
そんな共同体を活性化してくれる新しいエネルギーを望んでいます。ふるってご応募下さい」

是枝裕和