分福

Profile

是枝 裕和
是枝 裕和(これえだ ひろかず) 映画監督・テレビディレクター

1962年6月6日、東京生まれ。87年に早稲田大学第一文学部文芸学科卒業後、テレビマンユニオンに参加。主にドキュメンタリー番組を演出、14年に独立し、制作者集団「分福」を立ち上げる。

主なテレビ作品に、水俣病担当者だった環境庁の高級官僚の自殺を追った「しかし…」(91年/CX/ギャラクシー賞優秀作品賞)、一頭の仔牛とこども達の3年間の成長をみつめた「もう一つの教育~伊那小学校春組の記録~」(91年/CX/ATP賞優秀賞)などがある。

95年、初監督した『幻の光』が、第52回ヴェネツィア国際映画祭で金のオゼッラ賞を受賞。2作目の『ワンダフルライフ』(98)は、各国で高い評価を受け、世界30ヶ国、全米200館での公開と、日本のインディペンデント映画としては異例のヒットとなった。04年、監督4作目の『誰も知らない』がカンヌ国際映画祭にて映画祭史上最年少の最優秀男優賞(柳楽優弥)を受賞。06年、『花よりもなほ』で、"仇討ち"をテーマにした初の時代劇に挑戦。08年には、自身の実体験を反映させたホームドラマ『歩いても 歩いても』を発表、ブルーリボン賞監督賞ほか国内外で高い評価を得る。同年12月には、初のドキュメンタリー映画『大丈夫であるように-Cocco終わらない旅』を 公開。09年、『空気人形』が、第62回カンヌ国際映画祭「ある視点」部門に正式出品され、官能的なラブ・ファンタジーを描いた新境地として絶賛される。 10年、「妖しき文豪怪談シリーズ」(NHK BS-hi)で、室生犀星の短編小説を映像化した『後の日』を発表。11年、『奇跡』が、第59回サンセバスチャン国際映画祭最優秀脚本賞受賞。12年、初の連続ドラマ『ゴーイング マイ ホーム』(関西テレビ・フジテレビ系)で全話脚本・演出・編集を手掛ける。ドラマに登場する「こびと」をモチーフにした絵本『クーナ』(絵:大塚いちお、 出版社:イースト・プレス)が刊行。

13年、『そして父になる』で第66回カンヌ国際映画祭審査員賞受賞ほか、国内外で多数受賞。15年、『海街diary』がカンヌ国際映画祭コンティション部門に正式出品され、日本アカデミー賞最優秀作品賞、監督賞、撮影照明賞の4冠に輝いた。16年、『海よりもまだ深く』が同映画祭「ある視点」部門に正式出品。17年、『三度目の殺人』が第74回ヴェネチア国際映画祭コンペティション部門に正式出品、日本アカデミー賞最優秀作品賞ほか6冠。18年、『万引き家族』が第71回カンヌ国際映画祭でパルム・ドールを受賞。現在、来年公開予定の日仏合作映画『La Vérité(仏題・仮)』をパリで準備中。

第8回伊丹十三賞受賞。著書に『映画を撮りながら考えたこと』(ミシマ社)、『雲は答えなかった 高級官僚 その生と死』(PHP文庫)、『歩くような速さで』(ポプラ社)、対談集に『世界といまを考える 1、2』(PHP文庫)などがある

作品紹介

万引き家族

『万引き家族』(2018)

・第71回カンヌ映画祭 パルムドール
・第36回ミュンヘン映画祭 ARRI/OSRAM 賞
・第66回メルボルン映画祭 観客賞 TOP3
・第37回バンクーバー映画祭 観客賞 他多数

作品解説
高層マンションの谷間にポツンと取り残された今にも壊れそうな平屋に、治と信代の夫婦、息子の祥太、信代の妹の亜紀の4人が転がり込んで暮らしている。彼らの目当ては、この家の持ち主である初枝の年金だ。足りない生活費は、万引きで稼いでいた。社会という海の底を這うような家族だが、なぜかいつも笑いが絶えず、互いに口は悪いが仲よく暮らしていた。
冬のある日、近隣の団地の廊下で震えていた幼い女の子を、見かねた治が家に連れ帰る。体中傷だらけの彼女の境遇を思いやり、信代は娘として育てることにする。だが、ある事件をきっかけに家族はバラバラに引き裂かれ、それぞれが抱える秘密と切なる願いが次々と明らかになっていく──。

<キャスト>
リリー・フランキー 安藤サクラ
松岡茉優 池松壮亮 城桧吏 佐々木みゆ
緒形直人 森口瑤子 山田裕貴 片山萌美 ・ 柄本明
高良健吾 池脇千鶴 ・ 樹木希林

公式サイト:http://gaga.ne.jp/manbiki-kazoku/
三度目の殺人

『三度目の殺人』(2017)

・第74回ヴェネチア国際映画祭
  コンペディション部門 正式出品作品

作品解説
それは、ありふれた裁判のはずだった。殺人の前科がある三隅(役所広司)が、解雇された工場の社長を殺し、火をつけた容疑で起訴された。犯行も自供し死刑はほぼ確実。しかし、弁護を担当することになった重盛(福山雅治)は、なんとか無期懲役に持ちこむため調査を始める。
何かが、おかしい。調査を進めるにつれ。重盛の中で違和感が生まれていく。三隅の供述が、会うたびに変わるのだ。金目当ての私欲の殺人なはずが、週刊誌の取材では被害者の妻・美津江(斉藤由貴)に頼まれたと答え、動機さえも二転三転していく。
さらには、被害者の娘・咲江(広瀬すず)と三隅の接点が浮かび上がる。重盛がふたりの関係を探っていくうちに、ある秘密に辿り着く。
なぜ殺したのか?本当に殺したのか?得体の知れない三隅の闇に呑みこまれていく重盛。
弁護に必ずしも真実は必要ない。そう信じていた弁護士が、初めて心の底から知りたいと願う。その先に待ち受ける慟哭の真実とは?

<キャスト>
福山雅治
広瀬すず 満島真之介 市川実日子 松岡依都美
橋爪功 斉藤由貴 吉田鋼太郎
役所広司

公式サイト:http://gaga.ne.jp/sandome/
海よりもまだ深く

『海よりもまだ深く』(2016)

・第69回カンヌ国際映画祭 ある視点部門
・第26回フィルムズ・フロム・ザ・サウス映画祭
  グランプリ(シルバー・ミラー賞)
・第40回サンパウロ国際映画祭外国映画批評家賞
・第31回高崎映画祭 最優秀新人男優賞 吉澤太陽

作品解説
笑ってしまうほどのダメ人生を更新中の中年男、良多。15年前に文学賞を1度とったきりの自称作家で、今は探偵事務所に勤めているが、周囲にも自分にも 「小説のための取材」だと言い訳している。元妻の響子には愛想を尽かされ、息子・真悟の養育費も満足に払えないくせに、彼女に新恋人ができたことにショッ クを受けている。そんな良多の頼みの綱は、団地で気楽な独り暮らしを送る母の淑子だ。ある日、たまたま淑子の家に集まった良多と響子と真悟は、台風のため 翌朝まで帰れなくなる。こうして、偶然取り戻した、一夜かぎりの家族の時間が始まるが――。

<キャスト>
阿部寛 真木よう子
小林聡美 リリー・フランキー 池松壮亮 吉澤太陽
橋爪功 樹木希林

公式サイト:http://gaga.ne.jp/umiyorimo/
海街diary

『海街diary』(2015)

・第68回カンヌ国際映画祭 コンペティション部門
・第63回サンセバスチャン国際映画祭観客賞
・第49回ロシア日本映画祭 観客賞 他多数

作品解説
鎌倉で暮らす三姉妹、幸、佳乃、千佳の元に、15年前家を出ていった父の訃報が届いた。長い間会ってもいなかった父の葬儀のため山形に向かった三人はそこで異母妹すずと初めて会う。身寄りのなくなった彼女が、葬儀の場でどうしようもない大人たちの中で毅然とふるまう姿に、長女・幸は別れ際とっさに口にする。「すずちゃん・・・鎌倉にこない?いっしょに暮らさない?4人で」。そうして鎌倉での4姉妹の生活が始まる―。吉田秋生のベストセラーコミック「海街diary」の映画化。

<キャスト>
綾瀬はるか 長澤まさみ 夏帆 広瀬すず
大竹しのぶ 堤真一 加瀬亮 風吹ジュン リリー・フランキー

公式サイト:http://umimachi.gaga.ne.jp/
そして父になる

『そして父になる』(2013)

・第66回カンヌ国際映画祭
  審査員賞受賞、エキュメニカル賞 特別表彰
・第61回サン・セバスチャン国際映画祭 観客賞受賞
・第56回アジア太平洋映画祭 作品賞・監督賞受賞 他多数

作品解説
6年間育てた息子は、病院で取り違えられた他人の子だった。家族に起きた<事件>を通して、その愛と絆を描いた衝撃の感動作。学歴、仕事、家庭、子供。自分の能力で全てを手にいれ、自分は人生の勝ち組だと信じて疑っていなかった良多。ある日病院からの連絡で、6年間育てた息子は病院内で取り違えられた他人の子供だったことが判明する。血の通わぬわが子に変わらない愛情を迷わずに注ぎ続ける妻と、一見粗野だが温かい相手方の家族との交流を通し、そもそも自分は「父親」であれたのかを問い始めることとなる。人生ではじめての壁にぶつかり、自分自身と向き合う男の葛藤を描く感動のドラマ。

<キャスト>
福山雅治 尾野真千子 真木よう子 リリー・フランキー
風吹ジュン 國村準 樹木希林 夏八木勲
奇跡

『奇跡』(2011)

・第59回サンセバスチャン国際映画祭 最優秀脚本賞、SIGNIS賞
・イランこども映画祭 最優秀作品賞
・第7回アジア太平洋映画祭 最優秀監督賞 他多数

作品解説
2011年3月12日、九州新幹線全線開業。一番列車がすれ違うとき、奇跡が起きるー。そんな噂がすべての始まりだった。離れて暮らす家族の絆を取り戻すため、奇跡を信じた子供たちと、彼らを見守り、翻弄され、癒されてゆく大人たちの想いを描いた、感動エンターテイメントが誕生。

<キャスト>
前田航基 前田旺志郎 オダギリジョー 夏川結衣
阿部寛 長澤まさみ 原田芳雄 大塚寧々 樹木希林 橋爪功
空気人形

『空気人形』(2009)

・第62回カンヌ国際映画祭 「ある視点」部門
・第34回トロント国際映画祭 「マスターズ」部門
・2009年釜山国際映画祭 A Window on Asian Cinema部門
  他多数

作品解説
原作は、2000年に発表された業田良家の傑作短編集「ゴーダ哲学堂 空気人形」の表題作。これまで、オリジナルストーリーにこだわってきた是枝が、この原作だけは例外と、9年間大切に温めて作り上げた、哀しくて嬉しいラブ・ファンタジー。

古びたアパートで、持ち主である秀雄と暮らす空気人形―空っぽな、誰かの「代用品」。ある朝、本来持ってはいけない「心」を持ってしまう。
秀雄が仕事に出かけると、洋服を着て靴を履いて、街へと歩き出す。
初めて見る外の世界で、いろいろな人間とすれ違い、つながっていく空気人形。
ある日、レンタルビデオ店で働く純一と出会い、その店でアルバイトをすることに。密かに純一に想いを寄せる空気人形だったが、彼の心の中にどこか自分と同じ空虚感を感じてしまう――。

<キャスト>
ぺ・ドゥナ・ARATA・板尾創路・高橋昌也・余貴美子
オダギリジョー・富司純子 他

<上映時間>
116分
大丈夫であるように~Cocco終らない旅~

『大丈夫であるように
 ~Cocco終らない旅~』(2008)

作品解説
独自の感性と唯一無二の存在感で、圧倒的なファンをもつミュージシャンCocco。沖縄の米軍基地移設予定の海に現れた二頭のジュゴンの姿に喚起された彼女は「ジュゴンの見える丘」を発表する。その曲を唄い、語る彼女の姿を目にし、「何かしたい」とツアーに同行することを決意した是枝。自らカメラを回し見つめ続けた、光を希求する唄うたいの終りなき旅物語。

<キャスト>
Cocco
長田進 大村達身 高桑圭 椎野恭一 堀江博久

<上映時間>
107分
歩いても 歩いても

『歩いても 歩いても』(2008)

・第56回サンセバスチャン映画祭
  脚本家協会賞受賞、SIGNIS(カトリックメディア協議会)賞
・第23回マル・デル・プラタ国際映画祭 最優秀賞(Gold Astor)
・第4回ユーラシア国際映画祭 最優秀監督賞/是枝裕和 他多数

作品解説
夏の終わり、横山良多は妻と息子を連れて実家を訪れた。開業医だった父とそりのあわない良多は現在失業中のこともあり、ひさびさの帰郷も気が重い。明るい姉の一家も来て、老いた両親の家には久しぶりに笑い声が響く。得意料理をつぎつぎにこしらえる母と、相変わらず家長としての威厳にこだわる父親。ありふれた家族の風景だが、今日は、15年前に亡くなった横山家の長男の命日。何気ない会話の中に、それぞれの思いが沁み出していく……。

<キャスト>
阿部寛 夏川結衣 YOU 高橋和也 田中祥平
樹木希林 原田芳雄 他

<上映時間>
114分
花よりもなほ

『花よりもなほ』(2006)

・第31回トロント国際映画祭 招待
・第54回サンセバスチャン映画祭 コンペティション部門招待
・2006年釜山国際映画祭 招待 他多数

作品解説
時は元禄15年。生類憐みの令が出ていた頃の泰平の世の中。青木宗左衛門(宗左)は父の仇を討つべく江戸に出て三年。ところがこの男、剣の腕前がからきしダメなへっぴり侍だった!愉快に暮らす長屋仲間の大騒動に巻き込まれ、赤穂浪士の仇討ちともビミョーに絡み合い、事態は思わぬ方向へ。さて、宗左の仇討ちのゆくえやいかに?!

<キャスト>
岡田准一 宮沢りえ 古田新太 浅野忠信 原田芳雄 他

<上映時間>
127分
誰も知らない

『誰も知らない』(2004)

・第57回カンヌ国際映画祭 最優秀男優賞
・第31回フランダース(ゲント)国際映画祭グランプリ
・第40回シカゴ国際映画祭 金のプラーク賞 他多数

作品解説
都内の2DKのアパートで大好きな母親と幸せに暮らす4人の兄妹。しかし彼らの父親はみな別々で、学校にも通った事がなく、3人の妹弟の存在は大家にも知らされていなかった。ある日、母親はわずかな現金と短いメモを残し、兄に妹弟の世話を託して家を出る。この日から、誰にも知られることのない4人の子供たちだけの"漂流生活"が始まる。

<キャスト>
柳楽優弥 北浦愛 木村飛影 清水萌々子 韓英恵 YOU 他
ディスタンス

『ディスタンス』(2001)

・第54回カンヌ国際映画祭 コンペティション部門招待
・サンフランシスコ国際映画祭 ワールドシネマ部門招待
・ロッテルダム映画祭 長編映画部門正式出品 他多数

作品解説
カルト教団、真理の箱舟による無差別殺人事件は、100人を超える死者を出し、殺人を行った実行犯たちも又、教団の手によって殺された。それから3年-
この物語の主人公である実行犯の遺族4人が、彼らの命日に殺害現場である湖へ向かう。ひっそりと静かに死者の霊を慰めるための旅が折り返し点に差しかかったときに、彼らの目の前にひとりの男が現れる。彼は元信者で犯行直前まで実行犯たちと行動をともにしていたのだという。あるアクシデントから、彼ら5人はかつて信者たちが暮らしていたロッジで一夜を過ごすことになり、今まで目を背けてきた[記憶]と、自分自身と否応なく向き合うことになるのだった。私たちは被害者なのだろうか、加害者なのだろうか。果たして私たちは何か確かなものを手にすることができたのだろうか・・・と。

<キャスト>
ARATA 伊勢谷友介 寺島進 夏川結衣 浅野忠信 他

<上映時間>
132分
ワンダフルライフ

『ワンダフルライフ』(1998)

・第20回ナント三大陸映画祭 グランプリ
・第16回トリノ映画祭 最優秀脚本賞
・1999年ブエノスアイレス映画祭 グランプリ・最優秀脚本賞
・第46回サンセバスチャン映画祭 国際批評家連盟賞 他多数

作品解説
人は亡くなった時、天国の入口でこう言われます。「あなたの人生の中から大切な思い出をひとつだけ選んで下さい」その問いかけに死者たちは自分の人生を振り返り、後悔し、思い出に浸る-。この世とあの世の境界を舞台に、ファンタジーとドキュメンタリーの融合した物語が展開されていく。全米200館で公開され、日本のインディペンデント映画としては異例のヒット。 ハリウッド(20世紀FOX)でのリメイクが決定した。

<キャスト>
ARATA 小田エリカ 寺島進 内藤剛志 谷啓 伊勢谷友介 他

<上映時間>
118分
幻の光

『幻の光』(1995)

・第52回ヴェネツィア国際映画祭
  金のオゼッラ賞・カトリック協会賞・イタリア映画産業協会賞
・第14回バンクーバー映画祭グランプリ
・第31回シカゴ映画祭グランプリ 他多数

作品解説
宮本輝の同名小説の映画化。 夫を自殺で失った一人の女性の喪の作業(グリーフワーク)の過程を、心理描写を廃したロングショットの積み重ねによって描いていく-。劇場映画デビュー作。

<キャスト>
江角マキコ 浅野忠信 内藤剛志 他

<上映時間>
110分
あの日~福島は生きている~

『あの日~福島は生きている~』

総合監修:是枝裕和 監督:今中康平 発起人:箭内道彦
公式サイト:http://anohi.jp/

エンディングノート

『エンディングノート』(2011)

・第62回芸術選奨文部科学大臣新人賞
・第52回日本映画監督協会新人賞
・第35回山路ふみ子映画賞文化賞 他多数

作品解説
2009年、東京。熱血営業マンとして高度経済成長期に会社を支え駆け抜けた「段取り命!」のサラリーマン。67歳で40年以上勤めた会社を退職し、第二の人生を歩み始めた矢先に、毎年受けていた健康診断で胃ガンが発覚。すでにステージ4まで進んでいた。 残される家族のため、そして人生の総括のために、彼が取り組んだのは、「自らの死後の段取り」。限られた日々をまるで現役時代のプロジェクトのごとく生き生きと駆け抜けていく父と、傍らで見守る家族の姿を、娘である監督は映像として記録し続けた。ガン発覚から半年後、ふいに訪れる最期の時。そこに残されたものは――。 長年に渡る膨大な家族の記録から紡がれる、生と死の物語。

<上映時間>
89分

公式サイト:http://www.bitters.co.jp/endingnote/
ビューティフル アイランズ

『ビューティフル アイランズ』(2009)

監督:海南友子
公式サイト:http://www.beautiful-i.tv/

カクト

『カクト』(2003)

監督・脚本:伊勢谷友介

蛇イチゴ

『蛇イチゴ』(2003)

・第3回東京フィルメックス コンペティション部門出品
・2002年新藤兼人賞 優秀新人監督賞
・第58回毎日映画コンクール 脚本賞・スポニチグランプリ新人賞
  他

作品解説
幼いころから成績もよく真面目な倫子は同僚である小学校教師の恋人との結婚も控え、順風な生活を送っていた。だが痴呆のすすんだ祖父の葬式に10年間行方知れずだった兄の周治が現れたことで、家族の暮らしは一変する。正義感の強い妹とインチキを絵に描いたような兄という対照的な兄妹の関係を軸に、平凡な家庭の崩壊と再生のきざしを描いたホームドラマ。是枝裕和監督によるプロデュース、自身のオリジナル脚本による劇場長編デビュー作。

<キャスト>
宮迫博之 つみきみほ 平泉成 大谷直子 手塚とおる 絵沢萌子
寺島進 笑福亭松之助

公式サイト:http://www.kore-eda.com/hebiichigo/
映画を撮りながら考えたこと

『映画を撮りながら考えたこと』

ミシマ社

世界といまを考える 3

『世界といまを考える 3』

PHP研究所

世界といまを考える 2

『世界といまを考える 2』

PHP研究所

世界といまを考える 1

『世界といまを考える 1』

PHP研究所

雲は答えなかった

『雲は答えなかった』

PHP研究所

歩くような速さで

『歩くような速さで』

監督という仕事、少年時代の原体験、3.11以降のこと、カンヌ受賞の瞬間……
是枝裕和の日々の思考の軌跡を綴った初のエッセイ集。

歩いても 歩いても

『歩いても 歩いても』

幻冬舎

花よりもなほ

『花よりもなほ』

角川書店

DISTANCE~映画が作られるまで~

『DISTANCE
 ~映画が作られるまで~』

スイッチパブリッシング

小説ワンダフルライフ

『小説ワンダフルライフ』

ハヤカワ文庫

官僚はなぜ死を選んだのか

『官僚はなぜ死を選んだのか』

日経ビジネス人文庫

『いしぶみ ~忘れない。 あなたたちのことを~』(2015)

日本テレビ
※翌年、劇場版を公開

『きょうの、あきない』(2015.4~)

TBS

食べもの、着るもの、見るもの、楽しむものなど、目に見えるものから見えないものまで、世界中で営まれる様々な“あきない”。あきないとは、売り手と買い手の間で交わされる商品とお金の単純な交換だけではありません。形のないもの、人を想う気持ち、時間や空間、そしてそれぞれの人生が交換されているのです。この番組では、そんな“あきない”を丁寧に切り取ります。

『記憶が失われた時』(1996)

NHK
放送文化基金賞

入院中に病院の栄養管理が原因で、新しい記憶を積み重ねていくことができない "前向性健忘" になってしまった、ひとりの男性とその家族の記録。番組は医療制度の問題点を追求しながら、やがて"人にとって記憶とは何か?"という普遍的な問いに辿り着く。

『彼のいない八月が』(1994)

フジテレビNONFIXスペシャル
ギャラクシー選奨

日本で初めて性交渉によるエイズ感染を公表した平田豊さんの生活記録。闘病記録ではなく、等身大の一人の人間としての孤独や弱さにスポットがあてられている。 ホームビデオを多用し、取材者と被取材者の共有した時間を描いた私小説的ドキュメンタリー。

『もう一つの教育』(1991)

フジテレビNONFIX
ATP賞優秀賞

長野県の伊那小学校では、教科書を使わない総合学習に取り組んでいる。番組は、3年春組のこどもたちと仔牛のローラの3年間の成長記録。ほぼ全篇に渡って、是枝自身が撮影したホームビデオの映像で構成されている。

『しかし・・・ 福祉切り捨ての時代に』(1991)

フジテレビNONFIX
ギャラクシー賞優秀作品賞

水俣病和解訴訟の国側の責任者だった環境庁のエリート官僚が自殺した。山内豊徳53歳。長年にわたり福祉行政に取り組んできた彼が、なぜ自ら死を選んだのか?現実社会に押し流されていく時代の中で、もがき苦しんだ一人の官僚の生と死の軌跡を辿る-。

『悪いのはみんな萩本欽一である』(2010)

フジテレビ

『あの時だったかもしれない
 ~テレビにとって「私」とは何か~』(2008)

TBS/BS-i
ATP賞優秀賞

『私がこどもだった頃』(2007)

谷川俊太郎篇
NHKハイビジョン

『シリーズ憲法
 ~第9条・戦争放棄「忘却」~』(2005)

フジテレビNONFIX
ATP賞優秀賞

『歩くような速さで』(2002)

日本テレビ
ギャラクシー奨励賞

『心象スケッチ それぞれの宮沢賢治』(1993)

テレビ東京 ドキュメンタリー人間劇場

『侯孝賢とエドワード・ヤン』(1993)

フジテレビNONFIX

『日本人になりたかった・・・』(1992)

フジテレビNONFIX
ギャラクシー奨励賞

『公害はどこへ行った・・・』(1992)

フジテレビNONFIX

伊藤忠商事CM

『はじめての使命』(2015.4~)

伊藤忠商事 企業CM

『朝のリレー 寝顔篇』(2004)

ネスカフェ
2004年 ADC賞グランプリ

『アークザラット精霊の黄昏』(2003)

プレイステーション2

『きっかけはフジテレビ』(2002)

フジテレビ・キャンペーン

『ミュージック・オーディション・
 シリーズ』(2001~2002)

SONY

『じっくりコトコト煮込んだスープ』

ポッカ

<キャスト>
佐藤浩市

『3年目のなっちゃん』

サントリーなっちゃん

<キャスト>
田中麗奈

『モノより思い出』シリーズ
(1999~2003)

日産ニューセレナ

Cocco『水鏡』

 

Cocco『陽の照りながら雨の降る』

 

スネオヘアー『やさしいうた』

 

タテタカコ『宝石』